So-net無料ブログ作成
検索選択

距離。

帰省して三日目。
夜中に目が覚めた。

心身ともに疲れてしまって、
かなり早い時間に寝室へ。
少し一人になりたかった。

妙にスッキリした頭で携帯を手に取り、
いつぶりだろう?
ふと開けたページ。

人と人との繋がりは、
それはそれは不思議なもので。

オイオイ、どうしたん。
チョー久しぶりじゃん。
今年の夏でもう六年。
ってか、今、真冬だぜ。
そっちはもう苦しくないか?

相変わらず、
クレイジーな音を作ってますか。


想像したものを創造出来る可能性は、
きっとそちらのほうが高いよ。
きっとね。


何か伝えたいことがあるんだろうか?
とぼんやり考えながら、
ページをめくる。

思えば、身近なものにかまけすぎている自分がいる。

こんな状態の時に現れたってことは、
きっとまた叱られるタイミングなのかもね。

同じバンドにいた頃は、
博識で
素晴らしい音楽家で
大好きで
鋭くて
怖かった。

なんというか、、、
私の音楽感を変えて
私を打ちのめした
ミュージシャン。

いつかぎゃふんと言わせてやる!
なんて意気込んでたら、
勝手に遠くに行きやがった。

まだまだ私は甘いってことか。
気付いたら彼の年齢を越えている。

何か
或は
何が
言いたいのかは解らない。

でも知りたいし、


『苦しかったか。』


と問いたい。


あれだけ楽しく苦悩していた人だもの。
私が薦めた美味い酒を
まだ時々好んでいてくれたらいいな。
いや、
絶対、色んな酒で呑んだくれとるなw


出てくる時間が神懸かってんだよ!
夜中の3:00て(笑)!




ここにいると、孤独を好むようになる。

昨夜飲み込んだ言葉は、
クソガキみたいなどーしよーもない一言。
恥ずかしい。
全てを赦して愛でるには、
まだまだ修行が足りないジリーでありました。

けれどもそんなに時間もない。


あああ、情けない。
イテテテテ。




明日は縁のあるお寺さんへ。
今回の旅は、自分の『吸い取るパワー』が膨らんでパンク寸前。
効率良くガスを抜く方法を学びなさい、と一番上の姉がセッティングしてくれた。

歌いたいなー。

鳩尾の黒いものは、歌うことで消化する。
ん?昇化かな?

人生初の一人カラオケ行っちゃう(笑)?
人生が続いているだけ、
きっと私はシアワセもの。


ならば神様、
激痛に胸を押さえるのは私の仕様なのですか。


とても有名な大学教授が、
酔っ払って「生きるのは辛いねぇ〜。」
とご機嫌になっている姿を思い出した。




ホルマリン漬けになった肉親の臓器を見て、
あれだけホラーやスプラッタが駄目なはずなのに、

『綺麗だ』

と思った自分がいた。

その臓器のメカニズムの解明と新しい研究の為に使われるそうな。
本人は快諾。
けれど術後、なんども自分のお腹を触る肉親に、
どうしてもかける言葉を見つけられなかった。


想像する。
私だったら。
言いようのない寂しさと同時に、
どこか安らぎを感じるかもしれない。
こんなこと言ったら、ブーイングの嵐かもしれないけど。
ぽっかり穴は空いたけど、
『それ』はどこかで役に立つのだ、と。

財布と共に紛失していた臓器移植提供カードを新しく持った。
家族の署名欄には、その肉親の肉筆。

ワンホールのケーキのように、
切り分け、取り分けられていく。
「じゃあ、君自身はどこに行くの?」
と問われて
「受け皿は残るじゃないの。」
と笑った自分がいたが本当のところは、
『受け皿すら食べられてしまえばいい。』
と思ってる。

消化して
単純なエネルギーになって
排泄されてしまえばいい。

さあさ、美味しく召し上がれ。

ただ一欠片、声だけは残れば良い。
私にはそれで充分。
いや、十二分だ。


あれ、なんだっけ…
海辺で歌って船を難破させる女の妖怪…
まやかしだけど、音は確か。
たったこれだけの距離すら、まだ私は越えられない。
歌声だけは、ありとあらゆる壁や時間を超えるようにしたい。


まだまだ精進が足りません(泣)。


あ、だから、アイツが出てきたのか!?
もー、
含み好きなんはホンマに変わらへんな(笑)

ステージで脳のラインがブチ切れる快感は、
あのバンドで知ったのかもなぁ〜。
全員がタイプの違うクレイジー。

っつーても、トリオだったから三人だけどw

まだ私が人力アブストラクトをやっていた時代のお話。。。




わー、
チョー書いた!

まだまだとめどなく出てくるのだけど、
残りは紙の上にストックします。

他人との距離は難しい。
唯一甘えられる相手だからこそ、少し離れたいときもある。
そして、
それを伝えることは罪ではない、
と周りは言う。

『悲しむ顔を見たくない。』

きっと、その一心で握り潰してきたのだ。

自分も
他人も。



もう少しまどろみます。
せめて夜が明けるまで。


長々と失礼。

皆様にとって心安らぐ夜でありますように。

おやすみなさい。


らぶ〜。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。